ダイソンDC35のバッテリーを追加購入したのですが、2種類(ボタン着脱式とネジ固定型)の形状違いがある事を知らずに失敗しました。

ダイソンDC35の交換バッテリー選択の失敗例

初期型はボタン着脱式で、後期型はねじ固定型とあるようで、私が購入していたのは初期型のボタン着脱式で、この形のバッテリーが必要でした。

DC35のボタン着脱式バッテリー

2種類ある事に気づかず「DC35交換用バッテリー」と検索して出てきたものを素直に購入して、届いたのは後期型のねじ固定型のDC35のバッテリーのこれ。

DC35の後期型のねじ固定型バッテリー

うきうきでDC35にはめようとしたらはまらない。たらこ涙目ww

この種類違いの罠は、DC35に限らずダイソンであるなら「DC34 DC35 DC44 DC45」共通であるようです。分かりにくい事やってくれるじゃないですかって話ですよ、ダイソンさん!!

ダイソン掃除機用交換バッテリーの選び方

DC34 DC35 DC44 DC45には、ボタン着脱式とねじ固定型の2種類のバッテリーがあります。

自分がどの形状の掃除機を使っているか分からない場合は、バッテリーを外して画像を見比べてください。

ダイソン掃除機DC34 DC35 DC44 DC45用交換バッテリーの種類の詳細

左がボタン着脱式、右がネジ固定型です。この超親切で分かりやすい画像はAmazonに出店しているKumallさんからお借りしました。

おそらく持ち手についているボタンを押して簡単にバッテリーを交換できる人は、ボタン着脱式の左側を利用しているかと思いますが、間違わないように画像でちゃんと確認したほうがいいです。

ダイソン掃除機用交換バッテリーボタン着脱式

ダイソン掃除機用交換バッテリーネジ固定型

余談ですがDC34 DC35 DC44 DC45あたりはもうダイソンさんからしたら過去の作品のようでDyson公式サイトでの販売が行われておりませんでした。もしまだ壊れていないこの過去のシリーズをご利用の方は通販サイトで、予備のバッテリーを購入されておいた方が良いかもしれません。ダイソンのバッテリーってへたりが早いので・・。

その際は、くれぐれも自分がボタン着脱式とネジ固定型のどっちのダイソンの掃除機を使用しているかをしっかり確認してから購入してくださいね。

間違った際の交換対応について

私はAmazon派なのですが、このDC35のバッテリーは夫に購入を頼んだので彼御用達のYahooショッピングで購入しており、そのおかげで返品交換は対応できませんと言われてしまいました。
『送料はこちらで全額払いますのでどうか交換をして頂けませんか?』と食い下がり、『送料を負担します』が功を奏したのか、なんとか交換してもらえる事になりました。

ヤフーはプレミアム会員だとこの辺少しだけ融通利いたりすることあるみたいですが、基本的にYahooショッピングって決済料だのなんだのが発生しているという理由で返品交換に関しては対応していないところ多いですよね。Amazonは買い間違えというお客様都合にも返送料を負担するだけで対応してくれますので、少し不便に感じます。それで思ったのがやはり私はAmazon派!w

当初自宅にお送り頂いた際もレターパックプラスという520円のコンビニでも買える郵便局経由の分厚い紙の封筒みたいなので届いたので、520円の往復分の1040円でなんとか交換してもらえる事になりましたが、皆さんもこういう交換部品的なものを購入する際は色々と気を付けてくださいね!返品交換対応の有無とか特に!w