先日タラ夫の父方の親戚に不幸があり、葬儀に出席していた時の話。

普段、嫁としていかがなものか?という振る舞いをしているであろう私は、嫁行を遂行する義母の動きにセンサーを働かせ、義母の後で金魚のフンをしながら過ごしていました。

片付けを始めれば瞬時に加わり、洗いものを始めようとしていればダッシュでかけつけ、「私がやります、お義母さん!」という調子で、いつも不束な私を優しく見守ってくれるお義母さんの顔に泥を塗らぬよう、使えない気を使って奮闘していたんですね。

なんだ私もやればできるじゃーんwみたく一人悦に入り、大満足のご機嫌ちゃんで望んだ終盤の初七日の食事の際、お義母さん、タラ夫、私、お義父さんという順に円卓に座ってたので、隣の健康オタク仲間のお義父さんと、玄米の素晴らしさについて話していたんです。お義父さんが私に玄米を勧めてくれたのもあって。

その時に、「タラ夫が、お昼ご飯に玄米は嫌がって食べてくれないので、我が家には炊飯器が2台ある」という話をした私がバカだったんですが、、

その私の発言を小耳に挟んだお義母さんが、「お昼はお弁当を持っていってるの?」と、タラ夫に話をふってるのが聞こえてきたんですね。

たらこセンサーがこの流れはまずいってエマージェンシーコールを発信する中、予想通り、お義母さんの耳に届けてはいけない情報がタラ夫の口からサラサラペラペラとwwww

タラ夫「ううん、おにぎり持っていってるよ」
たらこ心の声(おい、やめろ・・頼むだまれ・・!)

お義母さん「おにぎり?おにぎりとおかずを持っていってるん?」
たら夫「ううん。おにぎりだけ」
たらこ心の声(死ぬwwやべぇwwお義父さんちょっと静かにしてもらえませんか?私それどころじゃありません!!)

お義母さん「そうね・・。おにぎりの具はなんはいっとるの?」
タラ夫「ふりかけ!」
たらこ(終わった・・orz お、お義母さんこれには事情が・・!涙)

この2人の会話に割ってはいって話を違う方向に向けるか悩んでいる一瞬の隙に、私の不徳がすべて暴露されて終了しましたw

今日の頑張りすべて台無しwwww 

実はお義母さんは、タラ夫がお昼におにぎりを食べてるのは、前に私の敵か味方かよく分からない実母の悪ふざけによって知ってるんですけど、まさかまだオニギリシステムが続行されてるなんて、思ってもいなかったと思うんですね。

さすがにまだ新婚だったし、私だってまだアラサーで新妻だったし。それが良い年したBBAになってまで、「朝起きらんないw」ってやってるなんて、もうそれは卒倒もんですよねwww

日本に帰ってきてしばらくは、朝から弁当かサンドイッチかを作ったりと甲斐甲斐しくやってたんですけど、その時のことはうまく伝わらずに、オニギリシステムが続行されてる事実だけが伝わるという最悪の事態が起こったんですよ。

元はと言えば、タラ夫が、ハムは体に悪いからもう食べないとか言い出したのがサンドイッチシステムが終了した原因で、私が止めたわけではないんだけど、お義母さんの前で「てめぇ何言ってるんだ!」なんてタラ夫を叱るわけにはいかず、また無の境地で聞かなかった事にしましたよね。ほら、私こういうピンチ慣れてるんでww

それで、お義母さんたちと別れた後に、タラ夫に「言って良い事と悪いことの分別もお分かりじゃないのですか?」と説教したんですが、「別に嘘つく必要はない」とか言うんですよ。

お父さんに似た人を好きになるって言うけど、私は、お母さんに似た人を好きになってしまったのだろうかww

どっちにしろ、良いところ見せようと頑張ったにも関わらず、結果的には会うたびに貯めてきたどうしようもない嫁ポイント獲得イェイな1日でしたww

なのに、帰宅した後、「今日は来てくれてありがとう」ってLINEくれたお義母さんは神!
この家にお嫁に来て良かったです、お義母さん!!w