誰がガールだBBAのくせに!という突っ込みが聞こえてきそうだけど、ガールは予想通りこのBBAでございましてw、最近、私、怖いぐらいについてます。ざっくり言うと今日はその自慢ですw

んで、どのぐらいついているかと言いますと・・

人違いされてレストランで過剰サービスを提供された

先日大阪に行った時に入った、フグが美味しいお店で、予約の誰かと間違えられたのか、「小林さまですよね?」って言われた事から始まります。

正直に「違います」と伝えたのに、ひれ酒2杯ご馳走してもらったうえにアイスまで出てきて、これは頼んでないコースの料金の請求が来るパターンだと察し、大阪マジ怖いぃぃ!って怯えたんですけど、普通に安い価格で本気のサービスだったんですよ。

否定したのが伝わらず、きっと小林様で通ってしまってたんだと思う。小林様の圧力どんだけwww

Amazonから頼んでない商品が届いた まさかのプライム会員限定誕生日プレゼント!?

小林様になり変わっただけでは、私のラッキーガールエピソードは終わりません。

玄関の掃除をするために、「プロが考えた! こだわりのホーキ&チリトリセット」 CL-665-530-4をAmazonで注文したんだけど、これ自体はまあイマイチの使い心地でしょんぼりだったんだけど、この箒セットが入ってた巨大な段ボールの中になんと、月桂冠の3000ml×4本セットが入ってました。

つまりは4千円弱の買い物に、5千円強のおまけがついてたんですよ。この状況を足りない頭で分析してみました。

・今日はタラ夫の誕生日なので、タラ夫の関係者が送ってきた
・明日は私の誕生日なので、私の関係者が送ってきた

この2点で間違い無いと踏んで、とりあえず私関係の友達とか親とかに電話しては「送ってない」と言われ、無駄に誕生日をアピールしただけの結果に終わったw

さすがにタラ夫側の両親に聞く前にAmazonに直接聞くという機転が利きまして、Amazonカスタマーに電話したら、「お客様がご購入された箒セットと、ギフトのお酒を同じ段ボールに入れる事はまずないので、誤配送です」って言われました。

今日も朝から山に登ってきたもんで、もうちょっと疲れてたら、うっかりタラ夫の実家にお礼の電話するところでしたよ、あっぶねぇ!w

で、ここからがラッキーガール伝説の始まりです。

「お客様で破棄して頂くか、ご返送ください」と言われ、「は・・き・・?え、ハキって、あの破棄ですよね?捨てるんすか?まじですか?結構なアレですよ!」って言ったら、「では、お客様がお納めください」とか、スーパー神対応してもらいました。返送という第二のチョイスは聞こえないふりwww

というわけで、アル中待ったなし!な状況ですが、ありがたくひれ酒にさせてもらおうかなと思っております。こんなにひれ酒縁があるとか、私前世でフグに対して徳をつんだのかなw

皆に心当たりはないといわれて、まさかのAmazonプライム会員は利用額に応じて、誕生日プレゼント届くのかなとか真剣に考えましたからねwほら私野菜からお掃除ロボットまで、生活のすべてをAmazonに頼るクチなんでwww

この調子で嵐のライブのアリーナも当たりますように~!

滅多にないことと思いますが、、Amazonから注文した覚えのない商品が届いた場合は「Amazonカスタマーサービス」にアクセスして、そこから電話するをクリックしたら、Amazonから登録の電話に連絡があります。携帯OKです。

拾った財布は1割しかもらえないけど、Amazonさんに関しては正直者が得をする世界で、「お客様にさしあげます」とか太っ腹な事言って唸らせてくれます!惚れた!ww