今過去の黒歴史編集中で変な通知出しちゃってすみません!!! 現在過去記事の更新通知飛ばさないように対策中ですが今日は変な通知出しちゃうかもです(;^ω^)

洗濯槽のカビを防止する&洗濯槽のお掃除には粉洗剤が鉄板!

洗濯槽のカビを防止する&洗濯槽のお掃除には粉洗剤が鉄板!

冬になって洗剤が解け残ってしまうという理由で粉洗剤をやめていました。

黒い服とか特に、解け残った洗剤カスのお陰で白いシミみたいになってしまうので、タラ夫のズボンなんかがそういう風になったらちょっと気まずいじゃないですかwww

で、ふと昨日、目の悪い私にもわかる程に洗濯槽の継ぎ目のところに黒いラインが1周入っている事に気づいたんですよね。

こんなところに黒いラインなんかあったっけー?って思ったけど、もちろんなかったわけで、顔を近づけて見てみたらびっしり黒カビがしてましたwやばたんwww

ナノックス+過炭酸ナトリウムで洗ってたのにこれとか、中性洗剤の役立たずっぷりやばくないですか?私の愛するニノがCMしてるからひいきにしてたけど、うっかり油断した!

洗濯槽のカビ掃除を昨夜からやってるんですが、見事なピロピロ地獄でしばらく洗濯できそうにありません。

私的に最強の洗剤と思ってるのはコレ。アタックの消臭ストロング。これに過炭酸ナトリウム足せば完璧。落とせないものはないレベル。

タラ夫の肌着は洗ってもなおタラ夫の匂いがしてて、洗濯した後かする前か良く分かんない事になるんですがw、それが一切ないんですよね。後タオルがカビない。つまりナノックスで油断してた間にタオルも黒カビが点々と出てた・・orz

洗濯機もだけどタオルの煮沸消毒からやり直しとかほんとなんなの。洗剤が違うだけでちゃんと洗濯してたのに(ノД`)・゜・。

ちなみに液体洗剤は基本酸性寄りで皮脂汚れなどをしっかり落としきれない場合が多いのに対し、粉洗剤はアルカリ性なので皮脂汚れもキレイさっぱりだし洗濯槽もカビにくいです。

分かってたのに黒系の服が白く汚れるとかって理由で液体洗剤で手抜きした罰があたりました。

この過炭酸ナトリウムは洗濯機の掃除にも使えます。使い方は簡単。

50度ぐらいのお湯を洗濯槽にためられる場合はそのまま投入して洗濯機の洗浄モードで掃除でOKなのですが、お水しか洗濯槽に入れられない場合は、洗面器に50度ぐらいのお湯を入れて過炭酸ナトリウムを溶かしてお水の中に投入すると、同じような効果が得られます。

一晩つけおきしたら怖いぐらいにピロピロが出てくるので、それを網ですくってあげてから脱水してあげてくださいね。じゃないと、流れきれなかった細かいピロピロが洗濯物にこびりついてピロピロ地獄を味わう事になりますw

こんな感じの風呂掃除用のやつで掬い取るといいですよ。

液体洗剤は洗濯槽がカビやすいので、もし液体派の人はこれからは花粉と黄砂で洗濯物を外に干せなくなっちゃうので、気温が高くなってカビがしやすくなる前に洗濯機のお掃除をやりましょう!

過炭酸ナトリウム入れてるからって安心して液体洗剤使ってたら、洗濯槽にはカビがるんるんですよ。奥さん!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By パレート

    真冬は液体洗剤、しかも安物のイオンのトップバリュを使ってるけど、冬に限っては黒カビはほとんど無いです。洗濯後に洗濯機のフタを開けっぱなしにしておくと乾燥してカビないかもしれませんよ。ぼくは洗濯機のフタはずっと開けっ放しにしてます。
    粉洗剤を使う場合は、面倒だけどお湯で溶いてから入れると粉がズボンについたりは減ると思う。男物の肌着はくさいかもしれないから気を付けますw 一応肌着と靴下は洗濯機へ投入前に軽く水で洗ってますw
    家事と仕事が大変だけどよく寝てくださいね。

    • By taraco

      パレートさん
      うちの1階って湿気がすごく多いので、冬場でも湿度は60%を下回る事がなくって、それでカビがしやすいんですかね?
      あと、洗濯の順序も間違ってて、手洗いもののドライを後から洗って脱水があまりされてない状態で、洗濯槽の乾燥をせずに放っておいたらかびてましたw
      粉洗剤を溶かして入れるは正解ですよね。分かってるけど、すぐさぼっちゃってwww
      今はもうダイレクトに粉洗剤を投入して洗濯してますが、花粉の季節で部屋干ししても旦那の匂いが全くしないので、やはり粉洗剤良いんだなと実感しました!
      気づいちゃいましたかwなんだかんだ今日は寝そびれてるので、今夜こそはしっかり寝たいと思います~

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください