現在中国で流行している新型肺炎のコロナウイルス。日本でもマスクが爆売れしたり、かなり感染予防を気にしだした人も多いと思います。

今回の新型肺炎のコロナウイルスは風邪予防対策の基本をする事で、感染対策が可能と言われています。新型肺炎予防はもちろんのこと、一度風邪対策に大事な事を見直すべく記事にまとめてみました。

私の大好きなメンタリストのDaigoさんがYOUTUBEでおっしゃっていたことですが、うがい手洗いの他に、まずは免疫を上げてウイルスに負けない身体づくりが大事とのこと。後はストレスも免疫低下の原因になるので、ストレスをうまくコントロールする事も大事です。

新型肺炎のコロナウイルス対策に有効と言われるもの

軽い運動

激しい運動をする必要はないのですが、軽い運動は免疫向上に大きな影響を与えるとのこと。

軽い運動というのは早歩きで歩いたりするぐらいの有酸素運動程度で、日々の生活に軽い運動を取り入れる事で35%も風邪をひく確率を低下させることが可能という事です。

冷水を浴びる

入浴時に身体を充分温めた上で、10度から12度ぐらいの冷水を30~90秒浴びると免疫が上がり、更には心身ともに健康になれるそうで、これを運動とセットで行えば54%も風邪をひく確率が下がるとの事です。

副交感神経を優位にするには39度程度のお湯にゆっくり浸かる方が良いらしいのですが、私は43度とかの熱めのお湯に5分浸かってお水を浴びて、また熱いお湯に浸かるのが好きで、これをかなり昔から日常的にやっています。

風邪をひいたり原因不明の咳が続いていた状態の夫と一緒のベットで眠っても、私には全くうつりません。やはり免疫って大事ですね。まあ私の場合は家で安静に過ごしているのもあるけどw

身体を一瞬冷やしてからまた温めるというのは、血流アップにつながりダイエットにも良いし、肩こりなどの解消にも良いので、末端冷え性の人には特におすすめの健康法です!

こまめな手洗い

ウイルスは喉から入ると言われるので、うがいも大事ですが、それより20分に1回お茶などを飲んでウイルスを喉から胃に落として胃酸で退治するのが良いと言われます。今回の新型肺炎のコロナウイルスにこのお茶飲み予防が適用かは定かではありませんが・・

もちろん外から帰宅後は、うがいをしないよりした方が良いのは間違いないですが、ウイルスの感染予防に何よりも大事なのは手洗いです。

新型肺炎のコロナウイルス対策にはこまめな手洗いが必要。ジェルネイルをしている女性は特に注意という参考画像

写真は私の手になりますが、私はジェルネイルをしています。ジェルネイルをしている人は、ネイルをしていない人に比べて、私のように爪が長い傾向にありますよね。爪の内側ってかなり汚れがたまりやすく、清潔を保つのは大変です。普通に洗っただけでは、爪の裏に菌が沢山ついたままになっています。

ジェルネイルをしている場合は、このような爪を洗う専用のブラシを使って爪の内側を丁寧に洗う必要があります。もちろんネイルをしていない人でも爪の内側を清潔に保つために利用した方が良いですが、ネイルをしている人は特に気をつけなければいけません。

また洗った後、爪の内側までしっかり拭き、濡れた状態が続かないようにすることで菌の繁殖を防ぐことも重要。爪に菌があると、風邪とかコロナウイルスとか関係なく、ネイルをしている爪がカビてしまう原因にもなりますし、スキンケアしている最中から顔にまで菌をつけちゃって肌荒れの原因にもなっちゃうので、これは是非実践したいですね。

また手洗いだけでは心配な方はこのような消毒用スプレーを導入するのも良いでしょう。我が家では今回のコロナウイルスを少しでも食卓に持ち込まないように使ってます!

これを使うと手が乾燥しちゃうので、そのような方はワセリンなどの保湿剤を上手に取り入れて、手や爪を乾燥から守りましょう。

こちらは旦那にお昼ご飯やおやつの前に手を拭いてもらうように会社に持って行ってもらいました。私も普段からバックに入れて持ち歩いています。自宅では台拭きにも利用していますが、普通に拭いただけでは落ちない汚れも簡単に落とせるので便利ですよ。

余談ですが、ジェットタオルは菌の温床と言われています。ちゃんと管理されているジェットタオルは大丈夫という話もありますが、管理が不十分でトレイに水がたまっていたり風の吹き出し口にぬめりなどがある場合は菌が繁殖しやすい状態になっています。この状況ですので、自分で清潔なタオルを準備して、なるべく公共のジェットタオルなどは利用しない方が感染対策には有効です。

マスクの着用

上のようなN95レベルのサージカルマスクでないと意味がないとかも言われてはいますが、抗ウイルス対策されてあるレベルのマスクはやはり有効と私は考えます。自分を守る為にも、他者を守る為にも。

N95レベルでなくてもサージカルマスクならば、ある程度の効果はあるとも言われていますので、免疫を弱めない為にも無駄なウイルスは避けておきたいですね。

N95対策用のマスクが高すぎて、日々の利用にはちょっと・・という方は上のようなスプレーもおすすめです。私はもちろん日々のサージカルマスクに添付する為に買いました。

マスクは意外と菌まみれになっているそうです。抗菌スプレーをサージカルマスクにかければ、マスク上で繁殖するウイルスを抑える事ができるので、より抗ウイルス効果があるのではないかと思います。

現在品薄になっているそうなので、Amazonなどのネット通販のリンクを貼りましたが、あまりお客さんが入っていない薬局ならばまだこの辺のマスクやスプレーはおいてあるかもですので、備えあれば患いなしの精神で早めに必要最低限の量は購入しておくのが良いですね。

鼻をほじらない

冗談みたいな話ですが、鼻は粘膜になるので、菌がついた手で鼻をほじることはとても危険な事です。

大人やジェルネイルをしている人が、がっつり指を鼻にねじ込んで鼻くそをほじるイメージはわきませんが、注意したいのは子供。子供って鼻をほじる生き物ですよね。その上ぱくっと食べちゃう子もw

鼻をほじる癖があるお子さんには、これを機会に鼻をほじりをやめるように注意すると、新型肺炎のコロナウイルス対策だけでなく、無駄な風邪やインフルエンザなどの感染も防げます。

どうしても鼻がムズムズするという場合は、ダイレクトに指で触るのではなく、清潔なティッシュでメンテナンスをしましょう!

後は、免疫に良いと言われる食事を中心にバランス良く摂る事で、免疫を強めてウイルスに負けない身体づくりを気を付ける!というのが今回の新型肺炎のコロナウイルス対策で、今私たちにできる事になります。