携帯料金、自宅ネット回線料金の節約方法を説明します。

やり方はいくつかありますので、下の目次で自分に合った項目をお探しください。
選べない人は上から読んでってください!長いけどw

wimaxでiPhoneやタブレットをwifi運用する方法
(データ量に制限なし:月額2000円前後)

wimaxとは小さなモバイルwifiルーターの事です。持ち運びができます。

携帯にLTEの電波を受信するように、wimaxは配線無しで直接wimaxの電波塔からインターネット回線を受信する事ができます。

自宅にインターネット回線を引いている人は、壁から出た配線をwifiルーターなどに接続して、ルーターから出たwifiを携帯で拾っているので、そのwifiが届く自宅でしか利用できないですよね。

wimaxは町のいたるところに建てられている電波塔から直接受信する為、利用場所を選びません。

そういう訳で、自宅でも外出先でも場所を問わずにネット通信でき、自宅回線と携帯のデータ通信の一本化という事ができるというわけです。

fc2blog_2014040320392343b

写真はiPhone5Sとwimaxを並べたところです。iPhoneやAndroidやタブレットを、このwimaxと接続する事によって、契約データ通信を最低限の1番安い契約にできます。
(昔はパケ放題外せたけど今はもう外せません。)

外出先などでLINEやメールの待ち受けにだけLTEの最低プランを利用し、腰を据えて携帯を使う時や動画を見る時にwimaxのスイッチを入れてwifi通信してデータ量を節約するなどすると、携帯料金自体を節約する事も出来ると思います。

もしくはAUやDOCOMOやSOFTBANKなどの3大キャリアと契約しないで、wimaxのみで通信を行い、通話はLINEやSKYPEなどのIP電話に頼るというやり方。

もちろんガラケーとの併用で、通話はガラケー、LINEなどのネット回線で使用できるアプリはwimaxに頼るという方法もできます。

ガラケーも高いよという方は、ソフトバンクのプリカを利用することもできます。
機種は選ばなければ0円で貰えて、1年に1度3千円のチャージで、チャージした料金が0になっても着信通話とSMSの受信だけはできますので、待ち受け専用のガラケーという使い方ができます。発信が警察と救急車のみにしかできなくなりますがw、自分からのSMSの送信や通話はSKYPEを利用する事で、むしろ3大キャリアの料金より安くすることができるので、wimax一つで大幅な通信費の節約ができます。

プリカのオンライン契約はこちら⇒ソフトバンクプリモバイル契約ページ

リンク先ページ上部にある「ホーム・モバイル・インターネット・ロボット・・」と並んでいるページ上部にあるグローバルメニューの「モバイル」をクリックして、「製品情報」→「携帯電話の項目の”シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)”でプリカの機種のページにいけます。

今ならiPhone5の整備調整済み品が税込み32180円!なぜか機種一覧には無いのだけど、右上にバナーが出ています!
整備調整済み品とは、一度故障などでAppleが引き取った商品を整備して新品同様にして再出荷するもので、バッテリーなど新しくされているので新品同様に使える&1年保証までついています。私はiPad miniやiPod Touchなどの整備調整済み品を購入した事ありますが、どれも3~5年経過していますが現役で働いてくれてます。

そして、wimaxの何がすごいって、月間データ量は無制限、3日で3GBというデータ制限はあるものの、もしその制限がかかってもYOUTUBEなどはもたついたりせずにストレスなく視聴できる速度(5Mbps)程度は確保されているので、自宅回線としての併用もできるので、別途自宅のインターネットを契約する必要がないという事!

wimaxは10台同時接続可能なので、家族みんなで使う事ができます。一緒に移動しないといけないですがww

光通信やADSLなどは電話回線が必要だったりで料金が高いですよね。
wimaxは安いプランだと2千円からあります。
wimaxおすすめ契約詳細はこちら⇒今月のwimax2の実質月額最安値比較(リンク先は私の別ブログです)

格安SIMでiPhoneやタブレットをwifi運用する方法
(データ量に制限あり:月額500円から)

こちらは、wimaxや光回線やADSLなど、自宅回線が別にある人向けの運用法になります。

私はwimaxを夫婦で使う自宅回線としても使っているので、格安SIMも併用しています。夫婦どちらかが自宅に残っている時は、外出時にはwimaxを持ち出さずに格安SIMでiPhoneやタブレットのwifi運用をするという風にしています。

格安SIMは最低500円で1GBから使えるサービスで、DocomoやAUのアンテナを使用するので、wimaxの室内に弱いという点をカバーしてくれるものでもありますので、契約する利点はあります。

自宅回線の最安はwimaxだし、wimaxは外にも持ち出せて最強だと思うのですが、家族が複数の場合1人1台wimaxを持つと無駄が出るので、格安SIMを入れられるwifiルーターも併用する事で、誰かが自宅にいる時にwimaxを不在にさせないで済むという事になります。

iPhoneの格安LTEシム運用におすすめのwifiルーター

こちらが、iPhone5SとAtermMR03LNというwifiルーターになります。
月額500円のb-mobileという会社のSIMを利用しています。
詳しくはこちらを→AtermMR03LN(モバイルルーター)でパケ放題は解約!

AtermMR03LNはwifi接続だけでなく、Bluetooth接続もできるので、携帯やタブレットの充電を長持ちさせる事ができます!

こちらも10台程度は同時接続できるので、家族で使う事ができます。

wimaxほど高速ではない(2Mbps程度)のですが、LTE無制限の格安SIMなどもあって、3000円程度で使える格安SIMを入れて使う事もできます。AtermMR03LNの説明ページに詳しく書いているので、どのSIMが使えるか見てから決めたい人は参考にしてみてください。

AtermMR03LN1台にぷららなどの無制限LTEを入れるのもアリですが、やはりYOUTUBEなどを沢山見ていると帯域絞られたりするらしいし、混雑時間帯のストレスが半端ないと聞くので、wimaxに勝るものはないと考えています。

なので、wimax + AtermMR03LN の併用が1番の節約になり、ストレスフリーだと思います。その月のキャンペーンによりますが、wimaxが2000円ちょい、格安SIMはb-mobileで1GBしか使わなかった場合は500円で、3000円以内で済む程度だし。

私が使っているb-mobileは1GBしか使わなかった月は500円、2GB使った月は750円、3GB使った月は1000円と、1GBにつき250円ずつ増えていく計算で、最大5GBで1500円です。

ほぼ1GBも使わないので500円で済むので、これで十分だと思います!

使っていないiPhoneなどを格安SIMで再活用する方法
(データ量に制限あり:月額500円から)

これはちょっと特殊な方法になるので、説明が難しいのですが・・

例えばiPhone4Sを持っている人は、docomoはそのまま格安SIMが入れられます。

AUやSoftbankのiPhone4Sの場合は、kingmobile社が出しているSIMロック解除アダプタのSIM下駄を使う事で、docomo系の格安SIMが使えるようになります。

LTEシムを入れてもiPhone4S自体がLTEを受信しないので、3G接続になりますが、FOMAエリアで使う事ができます。

最安はb-mobileの500円からです。

kingmobile社のシム下駄で、iPhone4Sの格安SIM運用をする方法は別ブログで詳しく説明しているので、こちらの記事を参照してください。
auのiPhone4S再活用 SIM下駄で使える格安LTEデータSIMと設定方法

iPhone5の人はSIM下駄がありません。

docomoのiPhone5の人は、そのままauのiPhone4Sで使える格安LTEデータSIMのdocomo系SIMを入れて使う事ができますが、AUとSoftbankの人はほぼ使えません。

ほぼというのは、AUだけmineoを入れればiOS7以下の人だけ、町中にしかないと言われているLTEの一部の周波数を拾うようですが、電波が入ってないとかでストレスはありそうですのでお勧めしません。

iPhone5のAUとSoftbankのひとは大人しく、AtermMR03LNなどのwifiルーターを買うのがおすすめ。

AUとDocomoのiPhone5Sの人は、そのまま格安SIMが入れられます。Softbankは入れられません。

AUの人は、mineoとUQ-mobileが、Docomoの人はdocomo系列の格安SIMが入れられます。が、落とし穴があってiOS7以下じゃないとAU系は使えないです。AU系でも

iOS8以上にしている人は、SontbankのiPhone5S同様にAtermMR03LNなどのwifiルーターを使うしかありません。

AtermMR04LNについて書いた記事に掲載した格安SIM価格表にAU系とDocomo系の価格比較を書いているので、余計な事も書いてありますがこちらを参照して頂ければ、最安プランなどを見つける事が楽にできると思います。
docomo系・AU系の格安SIM価格比較