先週金曜日、不在票の入っていたiHerbからの宅配便を、郵便局へ迎えに行くつもりだったんですが、、
買いものに夢中になってしまい、時間に間に合わずに行けなかったんです。

それで、ネットで再配依頼の手続きしようとバックを漁ったら、ない!!
大事な大事な不在票が・・嘘だろ?
バックから出してたのは覚えてるけど、買い物袋に入れてそのまま捨てた?

夏のせいですか?夏のせいですよね?
自分の馬鹿さに旋律が走った。

そして、余裕ぶっこいていたのに、一気に窮地。
いったいアレどーすんのよ?
後悔しても仕方ないので、郵便局の電話番号をググッて、

『リデリバリーのお願いをしたいのですが、不在票を無くしてしまい
アーティカルナンバーが解りません。』
という、ちょっと迷惑なお訊ねというか、お願い電話をしました。
『それは俺の仕事じゃない』が口癖のシンガポーリアン相手に。

比較的良い人だったみたいで、とりあえず調べるって言ってくれてるっぽいけど、
ぶっちゃけ何言ってるか良く解んなかったので、
『意味分かんないから、私は家で待ってて良いの?』
って聞いてみたら鼻で笑われた。
バカな外国人だって思われたに3万点ww

電話を切って、ひたすら落ち込んでたら、郵便局から折りかえしの電話があった。
ちゃんと私の為に動いてくれてるんだと感動して電話に出たら・・
『不在票に書いてあるアーティカルナンバー教えて。』って言われたw

え・・
ま だ そ こ ? 

無くしたって伝えて住所とか全部言ったのに、そこからの説明ですかw
仕方ないので、一通り説明したら、
『番号ないなら無理』って言われて、いきなり電話きられて、ツーツーツー。

なんか、私が頼んだInternational Airmail4$コースは、
あいにく追跡できない格安配送で、
iHerbが発行してるトラッキングナンバーも郵便局のお望みの物ではないみたいで、
住所で探してって丁寧にお願いしても、「無理」って言われてツーツーツー。

ちょっと!!
勝手に電話切るの止めてもらえませんか?怒

掛け直しても同じ人には繋がらないし、ツーツー言ってる携帯に切れても無意味なので、
荷物があるであろう郵便局に直接行く事にした。
不在票のナンバー解らないと行っても無理だよって言われたけど、窓口で騒げばなんとかなるだろうと期待。

一応ナメられたらいかんと思って、バッチリ化粧して、
「不在票なんて捨てちゃったんだけど、YOU荷物探しちゃいなYO!」
みたいな強気の姿勢で言ってみたら、あっけなく荷物が出てきた。

え?まぁ良いんだけど、えっっ???
困っている人には、優しくしてあげようと思った出来事でした。

いつか自分に返ってくるんだよね、中学2年の時の金八みたいな担任が言ってた。
私の座右の銘は他力本願だけど、今日から思いやりのある行動も追加します。
そんで、荷物も無事に捕獲できたところで、旦那が飲み会だから夜ご飯いらないって言ってたので、近所のお友達とクリスタルジェードに行ってきました。

シンガポールクリスタルジェードのお粥

このなんの飾りもない、プレーンなおかゆ。
2$という驚きの安さ。
なのにダシが効いてて、超美味しいんですよー

もちろん他にも頼みましたが、おかゆに夢中で撮り忘れました☆
後でびっくりするぐらいお腹すくけど、ホントに美味しくって幸せになれます!
クリスタルジェードに行ったら絶対食べてほしい一品です。