昨日はダメな夫も可愛いとか書いておきながら、今日はさっそく悪口書きます。
でも病める時も健やかなる時も私を愛するって神に誓ったんだから、ちょっと悪口書かれたぐらいは目をつぶって頂かないとね〜
私はそんな小さな男と結婚した覚えはないし!
と言いつつ、これが立場逆だと黙って許す自信は無いけどw

今日いらいらしているのは、他でもない、夫のご飯の食べ方です。
汚いとかじゃないんですが、勿体ないんです。

魚や鶏肉を食べた際、私は火葬が必要ないほどの美しさに仕上げるんですね。
皮も軟骨も血合い部分もなにもかも全部食べて骨だけの状態で、そのまま納骨できる感じというか。
(ん?不謹慎!?だったらさーせん!!)
なのに、タラ夫ときたら、ちょいちょいとかいつまんで、まだ食べられる部分を盛大に残すんですよ。
今回どうしても許せなかったのが、手羽先のこの部分。

夫の食べ方が許せない

この部分は食べられる部位ですよね?
よく銀紙で巻かれている物が出てきますが、私の育った家では、最終的に銀紙外してそこも食べろと教わった。
なので私は、あの銀紙はアツアツの状態で手で持っても熱くないように巻いてあるものと認識。
一方タラ夫ときたら、あれは手が汚れない為に巻いてあるとでも思っているのか、銀紙外さずに残すんですよ。
でもね、銀紙してあるなら残すのもまあ10000歩下がればなんとか許せる。
けど、私の作ったおでんの手羽先には、銀紙なんて巻いてなかったんですけどね、タラ夫が食べた手羽先のあの部分は全部身がついた状態で皿の横によけられてて。

お 前 そ こ 食 べ ろ よ 

って、何度言いそうになったことか..
嵐に幸せ貰ったおかげ&それを見守ってくれたタラ夫への感謝の気持ちで小者なりにも我慢できたけど。
でも次おでんした時あれされたら、許せるかは分からない。いやきっと無理。

ふと思ったんだけど、これって育ちが良い証拠なんですかね?
タラ夫好き嫌い多いし、若干甘やかされて育ってるとこあるんだけど、うちよりはるかに常識的な家庭出身なので、怒って良い所なのかよく考えたら分からないんですよねー
もし、世間的に見て、あの部分食べるのがはしたないとかだったら、私が改めないといけないじゃないですかー。
ぶっちゃけどっちなんですかね?
私が野生育ちってことも若干オツムが未発達だってことも、読者のみなさんはご存知だからブログに書くのはいいけど、外でたまたま居合わせた知らない人から、「おいおい、皿だけは残せよw」なーんて目で見られてたら死ぬし。

で?どうなんですか?
あれは料理を作ってくれた人と鶏に敬意をしめして残さず食べるのが正解ですよね?
教えて!!