娘の口臭をどうにかしてあげたいという、お父さんの愛の詰まったTheraBreathの歯磨き粉ww

緑のマイルドミントと同じく、ミント味の「歯肉炎対策用」を試してみたのでご紹介したいと思います。これも歯茎トラブルのタラ夫用のつもりです。

この青い方のTheraBreathの歯磨き粉は、糖尿病などで口が渇く人、口が渇きやすく口臭が気になる人に加えて、歯周病などで歯茎から出血している人、歯肉炎で歯茎が下がり気味という人なんかにお勧めです。

TheraBreath PerioTherapy Healthy Gums Toothpasteレビュー

アイハーブおすすめTheraBreath, PerioTherapy Healthy Gums Toothpaste, 3.5 oz (100 g)
TheraBreath, PerioTherapy Healthy Gums Toothpaste, 3.5 oz (100 g)

こちらのブルーのTheraBreathはユビキノール(コエンザイムQ10)、アロエベラ、ティーツリーオイル、及びキシリトール配合で、傷ついた歯茎の細胞修復をしてくれる歯磨き粉です。

下がった歯茎はそう簡単に元に戻りませんが、ユビキノールの細胞修復能力に期待は持てます。

こちらも緑同様、酵素とアロエベラの作用で口臭を予防してくれます。

TheraBreath PerioTherapy Healthy Gums Toothpasteは、濃縮PeriO2で、損傷を受けた歯肉組織への健全な酸素を提供し、嫌気性細菌を攻撃します。

濃縮PeriO2?ぺリオってなに?って思って調べたのですが、歯を支える歯ぐきや歯槽骨(しそうこつ)などの歯周組織および歯周病治療の事だそうなので、「濃縮PeriO2」ってのは、強めの歯周病治療って事でしょうかねw

更に、ZincRxの亜鉛イオンは、天然の抗微生物質で、最近から歯と歯茎を守ります。

コエンザイムQ10(ユビキノール)が、損傷を受けた細胞を修復し、ピロリン酸は、歯の表面上に構築から歯垢や歯石を防止するのに役立ちます。

フッ素の賛否は両論ですが、TheraBreathはフッ化ナトリウムが配合されています。

こちらの青のタイプも緑のタイプも24%配合されていて、歯のエナメル質成分ハイドロキシアパタイトと反応してフルオロアパタイトを形成させて歯牙の耐酸性を強化する目的で、虫歯予防になるとうたわれている商品です。

TheraBreath PerioTherapy Healthy Gums Toothpaste成分説明と最安値

フッ化ナトリウム0.24パーセント配合

非活性成分:水、水和シリカ、ソルビトール、グリセリン、ピロリン酸四カリウム、ピロリン酸四ナトリウム、キシリトール、ラウロイルサルコシンナトリウム、亜塩素酸ナトリウム(ペリオンス)、セイヨウハッカ(ペパーミント)油、グルコン酸亜鉛(亜鉛RX)、アロエベラ葉汁、安息香酸ナトリウム、ユビキノン

TheraBreath PerioTherapy Healthy Gums ToothpasteはiHerbでの個人輸入が最安値になりますが、楽天やアマゾンでも購入できます。

 iherb初心者さんは、買い物前にまずこちらをお読みください。
 →iherb割引クーポン&プロモコードと税関注意点

▼現在使用可能なiherbクーポン(プロモコード)

・「WELCOME5
クーポン特典:初回購入者限定、全商品$5割引

・「SAVE2017
クーポン特典:初回購入者限定、全商品$5割引