ティーツリーオイルで被れてひどい目にあったのですが、まだまだ愛用してます。
あ、もちろん肌にはもう使ってませんw

洗濯の時、漂白剤のワイドハイターで抗菌してたんですが、ノンケミに拘るあてくし、柔軟剤も漂白剤もやめました。
今は、洗剤とティーツリーオイルしか使ってません。
でも、相変わらず爽やかに洗い上がります!

コツは、柔軟剤投入口にティーツリーオイルを数滴入れるだけ。
ティーツリーオイルを入れることで、汗ばんだ時の菌の繁殖を抑えられるようで、たら夫のシャツも臭くなりません。
それと、雨が続いても洗濯機が微妙にならない。

柔軟剤使ってる時は、洗濯機が臭くなりやすかったけど、今は柔軟剤のシリコンカスが残らないから洗濯機マジ爽やかなんです。
柔軟剤使ってると、糸くずネットに溜まる糸くずもネットリするから、洗濯機に悪いはずですよね~
てか、洗濯物はそんなんで平気なのか!?と心配にさえなる。

けど、ティーツリーに変えてそういったストレス全くなくなりました。
とりあえず、いい香りのティーツリーオイルを選びたいと2種買ってみました。
今回は、オーストラリア製の100%ピュアティーツリーオイルをご紹介。
コスパで選びましたw

iHerbおすすめブログ-買って良かったもの-tea tree oil
Tea Tree Therapy, Tea Tree Oil, .5 fl oz (15 ml)

とっても清涼感のあるティーツリーらしい香りがします。
個人的にはNOW社のより、こっちの方が好き!
洗濯時に使うと、なんとなく部屋に香りは広がるけど、乾いたら消えます。
洗濯物に香りは残りません。

これ100%ピュアティーツリーオイルなのに、お肌に直接つけていいと書いてある。
えーそれ本当なの!??

このオイルじゃないけど、今もまだ黒ずみ残るほど被れたから、肌弱い人はティーツリーは要注意。
足の水虫につけるとかならいいかもだけど、顔とかは本当に気をつけた方が良いと思います。
マウスウォッシュとして、お水に一滴垂らして使うとかいう使用方法もあるみたいです。
その際は、ちゃんと溶けるように、後は溶け残りを飲み込まないように気をつけてください。

原材料のところに、Oil of melaleuca alternifolia, terpinen-4 ol min 36%, cineole average-3%とあったので調べてみました。
melaleuca alternifoliaとterpinen-4 olは、天然のティーツリーオイルです。
最後の平均3%配合されているという、cineole(シネオール)とは、天然に存在する有機化合物でユーカリ・ローリエ・ヨモギ・バジリコ・ニガヨモギ・ローズマリー・セージなどからも抽出される物質のようです。
シネオールは、こころよい芳香と味を持つことから、食品添加物・香料・化粧品に利用されているそうで、口中清涼剤やせき止めに配合され炎症や痛みを和らげる作用があり、副鼻腔炎にも効くそうです。
100%オーストラリアの、100%純粋なオイルだそうですので、安心ということが分かりました。

******************************

Tea Tree Oilのレビューを追記します!

私の下着洗いには快適に使えていたTea Tree Oilですが、夫が使うタオルと夫のシャツだけは、このTea Tree oilだけでは太刀打ちできずでした。
私の汗だくになる夏場のブラなどは、これで平気なんですが、男性はよほどすごい何かを出すのでしょうか。
夫が使ったタオルだけはどうしても半乾き状態になると雑巾みたいな香りがするので、ワイドハイター粉末タイプも一緒に使う事にしました。
シャツも洗っても洗ってもなんか夫の臭いが残っている気がして・・

洗剤で落とせるレベルのたんぱく質汚れだと、プラスTea Tree Oilのみでも快適なのですが、洗剤では落としきれない皮脂汚れにはやはり粉末漂白剤も一緒に使うのが有効です。
殺菌効果は間違いなしなんですが、皮脂を分解する力は当たり前ですがありません。