嵐のドームコンサートのチケットに目出度く当選したので、BBAの本気度を見せつける一品買いました!
ジャニーズを視姦する本気の双眼鏡ですwww

※この記事は、2014年の記事のリメイクですので、コメント欄に歴史が感じられる記事になっています。何度も見せつけられてる人、すみませんw

皆さんの知りたいであろう、本気度高めな双眼鏡の使用感レビューなんですが、結論から言うと、良い買い物しました。ドーム用双眼鏡は倍率と明るさが命。調べ倒して買って良かった。

無事気球に乗って登場したニノと目が合ったんですよー!!一方的にだし、相手には双眼鏡越しにゆるんだ口元見せつけただけなんだけどw、私は天にも昇る勢いでしたww

まずドームライブに行く前に、双眼鏡を使いこなす練習しなきゃって事でベランダに出てみたのですが、今まで知らなかったちょっと離れたご近所さんの顔を知ることができました。←お巡りさんこの人です!

さてさて、どうでもいい情報はこの辺でおしまいにしてw、今回のドームコンサート用の双眼鏡購入にあたって、三日三晩調べ倒した”広く暗いドームでのコンサートやライブにおすすめな双眼鏡の選び方のコツ“を書きたいと思います。

ドームコンサートにおすすめな双眼鏡の選び方

  • アイレリーフは大きいものを!目と双眼鏡の焦点の合う距離の事で、睫が長いとか眼鏡を付けてるなどの人はアイレリーフが大きくないと使えない
  • 明るさは6以上無いとドームでは暗くて見えない
  • 見掛視野50度以上(大きいほど視野が広がる)
  • 実視界6度以上(狭すぎると動くものを捉えにくい)
  • ひとみ径2mm以上(広い程明るく感じる)
  • ズームは6~10が最適で大き過ぎると手ぶれで見えないので欲張り厳禁

この上の6カ条が、ドームコンサートで良い仕事をする双眼鏡を選ぶコツになります。

見掛け視野ってなんだ?から始まって、適当なものかって後悔したくなくてカナリ勉強しまくって、悩んで悩んでやっと決めました。私のテーマは機能重視です。

ドームコンサートおすすめ双眼鏡 倍率などの選び方とレビューの参考写真

大きさがわかるように、iPhone5Sの隣に置いてみました。コンパクト双眼鏡の中では大き目だと思いますが、機能重視で選ぶとこうなります。

このドーム用の本気度強めな双眼鏡はなんといっても「ひとみ径」が3.1mmもあるんですよ。3.1mmはこの価格帯のお手軽双眼鏡では相当広い方です。つまり暗いドームでも明るく鮮明に見えるんです。双眼鏡は明るさの数値だけを見て選んじゃダメなんです、奥さん!w

このサイズのひとみ径があれば、コンサート中にBBA興奮しちゃって瞳孔開きまくっちゃって明るさ調節バカになっちゃっても、双眼鏡が調節してくれるんじゃないかと期待!w

ドームコンサートおすすめ双眼鏡 倍率と対物レンズ有効径の選び方とレビューの参考写真

いきなりですが、これは普通にうちのリビングの天井というか階段をiPhoneで撮影した写真です。
これを双眼鏡越しに撮れば、こうなります。

ドームコンサートおすすめ双眼鏡 倍率と対物レンズ有効径の選び方とレビューの参考写真

写真小さくしちゃってるので、ちょっと見えにくいかもしれないけど、板のささくれまでキレイに見えるんですよ。

しかも双眼鏡もiPhoneも手持ちで撮ってこのブレの無さというのもポイント。

これは私が欲を出さずに8倍のものを買ったからです。

三脚とかで固定できるならいいけど、手で持った場合って、カメラでも倍率高くしたらブレて被写体見失ったりしちゃうじゃないですか。

手が震えにくいという自信がある人なんかは倍率高めでもいいかもしれないけど、通常の人の手持ちの限界は10倍までです。いくらドームが広いからって言っても欲張っちゃだめ!

私が思うには、10倍でも見失う。8倍で十分だと思います。むしろ8倍でも興奮しすぎて見失う時ありますしw

iPhoneで覗いているところの写真を見て頂ければわかる通り、対物レンズ有効径25mmを誇るこの双眼鏡は、iPhoneのレンズに収まり切れないほど視界が広いのもポイント!

25㎜というのはコンパクト双眼鏡と言われる中では、最大クラスの対物レンズ有効径になります。つまりはコンパクト双眼鏡ではこれが至高。

ドームコンサートおすすめ双眼鏡 アイレリーフの選び方とレビューの参考写真

続きましては、アイレリーフの重要性についてです。

上の双眼鏡の写真の左側と右側の、覗くところの長さが違うのが分かると思うのですが、この双眼鏡はアイレリーフが18㎜あるので、この伸ばしたゴムの分だけ目から離して見ることが可能になります。

アイレリーフがある程度ないと、目に押し付けるようにして見ないといけないので、長いまつげでレンズを汚してしまったり、メガネに対応できません。

ドームコンサートおすすめ双眼鏡 アイレリーフの選び方とレビューの参考写真

このゴムは別に伸ばして使う必要はないのですが、このゴムを眉毛に押し当ててしっかりぶれないように固定して使えるので、すごく便利なものになります。メイクで汚れますけど、手ぶれが解消できます!w

逆に言うと、私のように眉毛にゴムの部分を押し当てる使い方をしたい人なら、アイレリーフの大きさがまつげの長さ上回らないとレンズがまつげで汚れますし、瞬きできませんw

写真の筒の空洞になっているところのおかげで、まつげが邪魔にならずに瞬きすることが可能になります。これは女性にとっては案外重要な問題ではないでしょうか。そうですよね?奥さん!!w

続きまして、私が買ったこのビクセンの双眼鏡を含めて、ドームコンサートにおすすめの双眼鏡をランキング順に、そのメリットなどの特徴を紹介していきたいと思います。

もちろん1位に紹介しているのが、私が購入したドームコンサート用の双眼鏡になります!

ドームコンサートおすすめ双眼鏡ランキング!

まず1番ののおすすめは、とにかく見やすさ重視で、重さと大きさと見た目を犠牲にしたこの本気度高めな双眼鏡!
私が吟味に吟味を重ねて購入した商品です!

この双眼鏡は、見やすい双眼鏡の条件にピタリとはまる「倍率8倍、実視界:6.3°、ひとみ径3.1mm、明るさ9.6、アイレリーフ18.0mm (ハイアイポイント)、対物レンズ有効径25mm」です。

倍率はブレない程度の8倍、ひとみ径が2mmを大きく上回る3.1㎜で、明るさも最低これぐらいほしいという6以上を軽々クリアの9.6!1000m先視界は110mになります。

アイレリーフもハイアイポイントの18mmで、眼鏡にも私の長い睫にも対応で完璧です。まつげは最悪どうにかできてもメガネの人には、アイレリーフは必須項目になるので要注意ですよ!

この双眼鏡の難点の大きさと重さですが、プラスチックで出来ているので大きくなったからと極端に重たくなるわけではないです。

通常女性が持つとして限界の重さと言われるのが300gなので、この双眼鏡はその限界の重さなのですが、これを重たいと感じるほど私の腕はか弱くなかったですし、下手にコンパクトを求めて機能が落ちるよりかはマシなので、ここは妥協点です。

では、友達が持ってきた若干価格がお手頃の双眼鏡について書きたいと思います。

私が買ったのは5千円ぐらいだけど、こっちはAmazonで2千円ぐらいというお手頃タイプなので、こちらがamazonでライブ用の双眼鏡としては1番売れてます。が、はっきり言っておすすめしません!

倍率は10倍だけど、実視界5.6°(6以上じゃないと動くものを捉えにくい)、明るさ4.4(6以上じゃないとドームでは暗く感じる)、対物レンズ有効径21mm(私の25mmに対して視界が狭い)、1000m先の視界:96m(私の110mに対して近く感じるさすが10倍)です。

結果的には、倍率が10倍で私の8倍より大きく見えるはずなのに、照明の落されたドームの中では暗くて見にくくて結局友達は私のものを「次は潤くんのソロだから貸して!」と言ってとりあげてきましたw

10倍まではブレない範囲なんですけど、問題はレンズ有効径の狭さと、実施回の狭さと、明るさの4.4という数字。暗くて見にくく、10倍でも私の8倍と比べたら、モヤがかかった感覚でした。クリア度が違うので、映りの悪いテレビ見てる感覚というか。って、ボロカスに言い過ぎですかねw

これしか知らない人からしたら、見えないはずの遠くのアイドルが近くに見えて「買って良かった」になると思うのですが、やはりVixenの双眼鏡はモノが違います。

比べて初めて分かるけど、安かろ悪かろになるので、ドームライブに行くなら絶対に私が買った方の双眼鏡がおすすめ!

Vixenにも10倍の物があります。ただし、実視界が8倍より狭くなり、ひとみ径も小さくなり、明るさも暗くなったりするので、ドームコンサートにはおすすめとはいいがたいのですが・・

倍率10倍のスペックは、対物レンズ有効径25mm、実視界5.0°、見掛視界50.0°、1000m先視界87m、ひとみ径2.5mm、明るさ6.3、アイレリーフ17.5mm (ハイアイポイント)になります。

ドームコンサート用の双眼鏡に大事な要素の部分が大幅にダウン。

やはり倍率が上がるとなると、その辺りが犠牲になるのですかね。屋外のコンサートなら10倍のでも良いかもしれないけど、暗い双眼鏡はドームライブでは本当にダメ。なので、これはドームコンサート用なのか屋外コンサート用なのかで選ぶのが良いと思います。

最後に私が買ったVixenの8倍の双眼鏡がどのぐらい福岡ヤフオクドームで力を発揮したかを力説しておしまいにしたいと思います。

福岡ヤフオクドームの6階のスーパーボックス席からだったら、残念ながらステージ上の嵐の姿は、誰かが分かる&笑ってるか澄ましてるかが分かるレベルにしか認識できませんでした。ヤフオクドーム広いですからねw

でも、5人の誰かが認識できるだけでも、「どこいった?」と探すのには助かりました。ホント豆粒で何も見えないから、モニター見に行ったみたいになりますからね。それでもいけるだけありがたいのだけど・・

気球にのって2階スタンド席近くに飛んできた時は、顔もしっかり見えて、目が合った!と、一方的にですが見つめ合う事ができて来世の契りまで交わしたと大騒ぎしました!w

翌年2階のスタンド席が当たった時は、もう感謝感激!

中央ステージ上での表情は全てこの双眼鏡で見る事ができましたし、ムービングステージでスタンド側に来てくれた時は、ターンする時に飛び散る汗までしっかり見えて、床になりたいとすら思いましたwwだってその汗はもはやご褒美ですやんwww

ドームコンサートで使う事限定なら防水も要らないし、ぶれない酔わない範囲で明るく見えると言えばやはりVixenの8倍が値段的にもスペック的にもおすすめですね。

私は買って良かったです!友達にも、毎年私の取ってくるなら、もう自分で買いなおしてほしいですw